バツイチは金欠でツライ

福岡に住む30代バツイチの女です。20代の頃は結婚をしていたんですが、夫の浮気が原因で離婚しました。なかなか証拠がつかめなかったのですが、福岡でも実績のある探偵事務所にお願いしたので証拠をつかむことができました。(※浮気調査福岡

結婚する以前は中小企業の中でもある程度大きい企業で勤めていました。とは言え、給与はさほど多くなく、急な出費が必要な場合や旅行などをする場合には、安易にカードローンなどを利用していました。今から考えると、あの頃の自分は将来について考えておらず、貯蓄や将来の収入については全く考えていませんでした。

そんな時でしたが、私はバイクで大きな事故をしました。多くの出費が必要となり、収入も保険金のみとなりました。そのため、さらに借金が増えることになりました。

そして、その事故の経験からバイクに乗ることが怖くなり、復職後の営業活動が行えなくなりました。そのような経緯から、その会社にい続けることが苦しくなり、転職しました。

しかし、30歳を過ぎて特別なスキルも資格も持っていない私の転職活動は、順調とは言えず、同規模の企業は不合格となり地元の中小企業に転職することになりました。

その企業は、雰囲気も良く、働きやすい環境でいわゆるホワイトな企業なのですが、あまりにも社内の規定や体制が整備されすぎているため、残業がほとんどありません。

以前の仕事では、残業代で月収を大幅に上乗せしていた面もあり、結果的に以前の年収より大幅に収入が減ることになりました。現在はカードローン規制等もあり、年収の3分の1までしか借りることが出来なくなっているのではないかと思いますが、現在の私のローン残高は以前の年収で借りることが出来る限度額に近く、大幅に減った現在の収入では返済するのが非常に苦しい状況です。

結局は返しては借りての繰り返しで、じわりじわりと借入が増加している状況です。来年度になれば、やや収入が増えたり、車のローンが終了する予定であり、借入が限度を超すぎりぎりのところで返済がやや楽になるであろうという状況に陥っています。

私は現在34歳でバツイチですが、そのような状況では、将来について考えることは出来ませんし、日々の生活で精一杯です。過去の浅はかな自分を非常に後悔しています。

趣旨

世界中で「We Are The 99%」を合言葉に、私たち99%がこの社会を変えていく主体となる確信を持ち始めています。

それらの社会的変化の背景にあるのが、市民メディアの広がりです。新聞やテレビなどマスメディアの報道は真実が隠され、戦争や貧困に苦しむ市民や労働者の声を十分に伝えていないのではないでしょうか。

特に、3月11日起きた東日本大震災と福島原発事故をめぐる報道においては、必要な情報が市民に届けられず、放射能汚染と被曝による被害が今もなお拡大しています。

その一方で、市民がTwitterやFacebookなどで繋がり情報を発信・共有することで、放射能汚染の実態を告発し、原発の即時停止・廃止、市民・子どもたちの命を守り、被害者への完全補償を求める運動が全国的に広がっています。

また、9.11から10年が経ちました。イラクに民主主義をもたらす大義で始められたイラク戦争ですが、長期間に渡る戦争・占領により治安は悪化し、失業率が高まり、市民の命が脅かされる状況も増えています。

また、アフガニスタンでも同様に国民が犠牲になっています。しかし、そのような状況の中、IFC(イラク自由会議)やIVAW(反戦イラク帰還兵の会)など国際的な民衆の連帯によりイラクからアメリカ軍の完全撤退を実現しました。

チュニジアで始まった民主化の波は、中東民主主義革命(アラブの春)として、急速にアラブ諸国に波及しています。

アメリカのウォール・ストリート占拠は、貧困を生み出す社会システムの実態を暴きだし、変革を求める若者の姿は世界の人々に衝撃を与えました。

このような独立した市民メディア運動によって、戦争と貧困のない国際社会を創りだしていくことを目的に、『第4回 戦争と貧困をなくす国際映像祭』を2012年4月に開催することを企画しております。

私たち99%しかこの世界を変えることができない!—そのような思いから本映像祭を企画しました。

 

戦争がない平和な世の中になればいいですよね。

って、この記事を書いている今日これから、脱毛に行こうとしている私はどれだけ平和なんだろう…って感じですね。

日本は嫌なニュースなどもありますが、他の国と比べたら本当に平和だなって気がします。

という事で、脱毛して綺麗になってきます(‘ω’)ノ

ちなみに私が行っている脱毛はここ⇒レーザー脱毛 仙台

仙台市内には多くの脱毛サロンがあるんですが、こちらが特にお勧めですよ!